カンナさーん 1話 感想 母は強く父がクズ男

カンナさーん1話を見ました。

渡辺直美さんの演技に引き込まれてしまいました。
私も同じく母としての目線で見ていましたが、終盤、泣いてしまいました。

2時間後に絶対笑い話にしてやる

母ってやっぱり強いよね。
そして、子どもって意外と母のこと見てるよね。

カンナさーん 1話 感想 要潤がクズ男役

カンナさーん 1話 感想として真っ先に思ったのが、要潤さんの役がクズ男だったということ。
好きな人ができたからということで、子どもを置き去りに自分の人生を歩む。
ウチの旦那にもあるかも、そういうとこ。

子どものことよりも自分優先。

男とはそういうものなのか…

人は見た目が100パーセントの成田凌もクズ男だったけど、カンナさーんの要潤もクズ男でした。
ここから変わっていってほしい。
かわいい子供のために。

カンナさーん 1話 感想 母は強い

カンナさーん 1話 感想2つ目、母は強い。

子どもと一緒に自転車で転んでけがをしたあと、病院から自転車を取りに戻る場面。
雨の中歩く渡辺直美さん

2時間後絶対笑い話にしてやる

つらい話を笑い話にする。
それは、子どものためでもあります。
ドッジボールの場面でママが笑ったことを喜んでくれた子ども。

子どもって、時々鋭いことを言います。
ほんと、よく見てるし、よくわかってるんだよなぁって。

カンナさーん 1話 感想 ツイッター1

カンナさーん 1話 感想 ツイッター2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする