まんぷく128~133話ネタバレあらすじ

まんぷく あらすじ(ネタバレ注意!)
「新商品!?」
128話から133話のあらすじと感想をまとめた記事となっていますので、ネタバレしたくないかたはご遠慮ください。

猿渡社長が出てきてすぐにかなりのインパクト。田中哲司さんそのものなのか?と錯覚してしまうほどの熱演。悪役がとってもはまってます。真一さんが我を忘れてしまうほど怒るのもわかるなぁ。
言っていることが理不尽です。

まんぷく 128話 あらすじ3月4日(月)

「まんぷくラーメン」が発売されて11年。即席ラーメンの市場には350社以上が参入し、飽和状態。ついに倒産する会社も出始めました。現状に危機感を抱いた萬平さんは、新商品の開発を考えます。一方、子育てが一段落した福ちゃんは、大阪万博に行ったり、親友たちとお茶したりと、充実しながらも時間を持て余す日々を過ごしていましたが、ある日萬平さんに相談を受けて…

まんぷく 129話 あらすじ3月5日(火)

まんぷく食品の社運をかけて、新商品を開発することにした萬平さん。相談を受けた福ちゃんは昔同行したアメリカ視察を思い出します。「まんぷくラーメン」を入れる丼がなく、商談相手がラーメンを砕いて紙コップに入れ、お湯をかけていたのです。そんな福ちゃんのつぶやきに、ひらめいた萬平さんは「容器入りの即席ラーメン」を作ろうと考え…

まんぷく 130話 あらすじ3月6日(水)

新商品「容器入り即席ラーメン」を作るため、社内に若手社員中心の開発チームを発足させた萬平さん。とりあえず器作りは他のメンバーに任せ、自らは自宅でスープ作りを始めます。チームのメンバーには長男の源ちゃんも入って、福ちゃんはワクワク。萬平さんの物作りにかける執念を、源ちゃんに学んでほしいと考えるのですが、肝心の源ちゃんはどこか冷めた様子で…

まんぷく 131話 あらすじ3月7日(木)

萬平さんと福ちゃんは自宅でビーフコンソメ味の新たなスープを試作。会社の開発チームに試飲させた所、大絶賛で、すぐにでも新味の「即席ラーメン」として売り出すべきだという意見も。しかし萬平さんは「容器入り」にこだわり拒否。世界に売り出す新商品として「まんぷくヌードル」と命名し、開発の決意を固めます。一方その頃、福ちゃんに思わぬ来客が…

まんぷく 132話 あらすじ3月8日(金)

世界中での発売を目指す「まんぷくヌードル」。ところが、長女の幸ちゃんがたまたま万博で知り合ったという外国人たちに、試作スープで作った即席ラーメンを食べさせた所、問題が発覚。欧米の人には麺をすする習慣がなく、日本規格の麺だと長すぎたのです。一方、福ちゃんは開発メンバーに選ばれた長男・源ちゃんが相変わらず消極的なのが気になります。さらに幸ちゃんが…

まんぷく 133話 あらすじ3月9日(土)

自宅で新たな麺作りに挑む萬平さんと福ちゃん。試行錯誤の末、外国の人でも食べやすいよう麺を短くして、特製の容器に合わせた麺の揚げ方を発見します。喜んだ萬平さんですが、チームに容器やスープの開発状況を尋ねたところ、いずれも開発が遅れていることがわかって大爆発。チームに入った長男の源ちゃんは「お父さんは天才だけど、自分には無理だ」と弱音を吐き始め…

まんぷく公式ツイッターより

→ まんぷく全話あらすじ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする