まんぷく32話ネタバレあらすじ「鉄板で作った塩」

まんぷく あらすじ(ネタバレ)第6週
「お塩を作るんですか!?」
32話11月6日のネタバレあらすじと感想。

海辺の強い陽ざしを浴びて、熱くなった鉄板の上に海水を流す作業を何度も繰り返します。
繰り返す作業で塩分が濃縮され、最後に濃縮液を煮詰めると塩ができます。
萬平のモデルとなった安藤百福さんの実話に基づいてドラマが進みます。

まんぷく火曜日のあらすじと感想をまとめた記事となっていますので、ネタバレしたくないかたはご遠慮ください。

まんぷく あらすじ(ネタバレ)32話

萬平が思いついたのは鉄板を使った塩作り。早速、神部と塩の産地・赤穂へ勉強に向かいます。一方、福子と鈴は生活費を工面するため、近所に持参した着物と食べ物の交換をお願いして回ります。でも萬平は福子たちの苦労に気づかず、塩の試作に夢中。熱した鉄板で、塩分を濃くした海水で作る初めての塩の味は!?

まんぷく32話感想

萬平さんて何かに集中すると周囲が見えなくなるタイプなのでしょうか。
福子と初めて会った時の印象とは随分変わりました。
寄り添って寝るときに、「おいで」と男らしく言った姿にはやられました。

その塩で作ったラーメンが「半分、青い。」で登場する、という脳内での妄想が。

ツイッター拾い読み

まんぷく32話キャスト

安藤サクラ,長谷川博己,瀬戸康史,呉城久美,松坂慶子

→ まんぷく33話
← まんぷく31話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする