まんぷく34話ネタバレあらすじ「塩軍団の世話をする鈴と福子」

まんぷく あらすじ(ネタバレ)第6週
「お塩を作るんですか!?」
34話11月8日のネタバレあらすじと感想。

一週間前の放送で登場した神部。
泥棒に入ったのに飯まで食わせてもらったと掃除までしていました。
みんながおいしくないと不評だったすいとんを食べていたのが印象的。

まんぷく木曜日のあらすじと感想をまとめた記事となっていますので、ネタバレしたくないかたはご遠慮ください。

まんぷく あらすじ(ネタバレ)34話

神部が連れてきたのは、戦争で身寄りを無くした、14人の男たち。彼らを受け入れる課題が山積みの中、萬平は塩の大量生産を目指します。一方、若者たちの食事にお風呂、寝床の準備と、福子と鈴はヘトヘト。でも若者たちを引っぱる萬平の生き生きとした姿に、福子は疲れを忘れて、新たな可能性を…

まんぷく34話感想

34話のまんぷく、そりゃないよ、という感想を持ってしまいました。
どんな時でも萬平を支える福子。でも、でもです。借金しすぎじゃないかと心配になりました。
友達の夫からあんなに借金して大丈夫なんだろうかと。後々成功するのはわかっているし、今借りているお金も返すことができたのだろうとは思うのですが、今の時代でも、あんなにお金を借りに来る友達がいたら、いやだなぁ。
借金の他にも、最初に着物を買い取ってもらっているし。

萬平がお風呂で鼻歌を歌っているのもどうかなと。
福子が、鈴が必死になっているときに、いくら何でも鼻歌は…

「半分、青い。」が放送中は、終始批判めいた意見が飛び交っていましたが、まんぷくではありませんでした。
最近では、だんだんつまらないとの意見もちらほら。

なんだかんだで、毎日見ちゃうんですけどね。

塩軍団の今後が気になります。

ツイッター拾い読み

まんぷく34話キャスト

安藤サクラ,長谷川博己,瀬戸康史,
中尾明慶,呉城久美,松坂慶子

夜明けまで離さない [ 宮地真緒・毎熊克哉 ]

→ まんぷく33話
← まんぷく33話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする