まんぷく36話ネタバレあらすじ「完成した塩で清香軒のラーメン」

まんぷく あらすじ(ネタバレ)第6週
「お塩を作るんですか!?」
36話11月10日のネタバレあらすじと感想。

オープニングの歌のときにキャストが表示されますが、そこからのネタバレというのが増えてきています。
しかし、私、全く気が付きません。
どうしても福ちゃんの不思議ダンスや不思議ウォークに目が行ってしまって。

まんぷく土曜日のあらすじと感想をまとめた記事となっていますので、ネタバレしたくないかたはご遠慮ください。

まんぷく あらすじ(ネタバレ)36話

ついに製塩設備が完成。塩の大量生産の準備が整います。萬平率いる若者たち、塩軍団のチームワークも高まり、作業中にみんなの歌声が響くほど。ところが本格始動した直後、一日かけて作った塩の量の少なさにみんなガッカリ。福子はみんなを励まそうと、ある提案をしました。

まんぷく36話感想

塩と言えば赤穂。萬平が赤穂まで勉強に行ってきたときに見てきた塩の製造が形になりました。
帰ってきてすぐに鉄板を使って塩を作りました。
そのときの塩を食べて感動しているみんなの横で、茶色い…と何度もつぶやく鈴が記憶に新しいです。

あのときの塩よりもいい塩だったんだろうか。さびとか混入してないのかなと見ていました。
毎朝BSでまんぷくを視聴するのですが、今朝のラーメンのおいしそうだったこと!
ラーメン食べたくなっちゃいました。

役に立つ仕事がしたい、みんなが喜ぶ仕事をしたいという萬平の思いがあの塩を作らせた。
ストーリーは素晴らしい。でも、あれっぽっちの塩で、塩軍団の給料は払えるんだろうか、借金は無事返済することができるんだろうかと疑問もわいてきた内容でした。
わろてんかの時は、時々経費の話もしていたように思うけど。

ドラマだし、史実に基づけば後々ラーメンで成功するのはわかっているから、結末はわかるんだけど。

ツイッター拾い読み

はぁ~、おいしそう。

借金をここで止めるか、さらに作り続けてさらに借金を増やすのかそれとも成功するのかなんて誰にもわからない。
萬平さんのことを信じますという福子の気持ち次第。
鈴さん、心配だろうなぁ。

この状態からどうやって効率化したのか気になります。

まんぷく36話キャスト

安藤サクラ,長谷川博己,瀬戸康史,
中尾明慶,岸井ゆきの,松坂慶子

→ まんぷく37話
← まんぷく35話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする