まんぷく37話ネタバレあらすじ「世良が中抜き」

まんぷく あらすじ(ネタバレ)第7週
「私がなんとかします!」
37話11月12日のネタバレあらすじと感想。

いつでもどんな時も萬平を信じて行動する福子。
私にはとても真似できません。
今でもお世話になっているインスタント麺が出来上がるまでには、何度も失敗があったのだなぁと思いながら毎日見ています。

まんぷく月曜日のあらすじと感想をまとめた記事となっていますので、ネタバレしたくないかたはご遠慮ください。

まんぷく あらすじ(ネタバレ)37話

国の認可を受け「たちばな塩業」が創業。塩の初出荷を迎えます。満額3000円の売り上げを期待して、福子たちはそわそわ。ところが代理で塩を納入した世良が差し出した売り上げ金は半額の1500円。みんな当てが外れてガッカリです。特に萬平は塩の品質が劣ると言われたことに大ショック。追い打ちをかけるようにその夜、更なる事件が!?

まんぷく37話感想

世良さんの活躍が楽しみの一つ。
ラーメン一緒に食べただけだと言い放ったときは、なんてお調子者だと思ったのですが、そうではなかった。
着物も買ってくれたし。

それなのに37話の展開ときたら!

まさかの世良が中抜き。ネコババ。横取り。
手土産を持参しない段階で、お金がないのだろうなと悟らなくてはいけなかったか。
何を言われても、納品に一緒に行くべきでした。人を信じすぎるところが萬平の弱さ。

多くの従業員を雇っている以上は、責任を持って品質管理をして納品まで見届けるべきでした。
品質検査は従業員に任せ、納品を世良に任せた。大事なところでチェックが甘かったですね。

でも、これが伏線となって、今後また世良が協力をしてくれる展開を希望します。

ツイッター拾い読み

世良さんの影響力すごい!

まんぷく37話キャスト

安藤サクラ,長谷川博己,桐谷健太,瀬戸康史,中尾明慶,岸井ゆきの,松坂慶子

→ まんぷく38話
← まんぷく36話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする