まんぷく56話ネタバレあらすじ「世良も捕まる」

まんぷく あらすじ(ネタバレ)第10週
「私は武士の娘の娘!」
56話12月4日火曜日のあらすじと感想をまとめた記事となっていますので、ネタバレしたくないかたはご遠慮ください。

床下を掃除していて見つけたのが手りゅう弾。
萬平は電気を流して魚を捕まえていましたが、塩軍団は手りゅう弾を使って海で魚を捕まえました。
あれから一週間、大変なことになりました。

まんぷく 56話 あらすじ(ネタバレ含)

萬平さんらの逮捕の知らせを聞き、克子姉ちゃんと忠彦さんが泉大津に駆けつけます。2人に励まされ、福ちゃんは萬平さんが戻ってくるまで、たちばな塩業を守ろうと決意。塩とダネイホン作りを続けることに。一方、萬平さんたちは雑居房に押し込められ、進駐軍のビンガムとメイから厳しい取り調べを受ける毎日。不安で苛立つみんなの前に謎の日系人看守・チャーリーがある悔しさを口にします。

まんぷく56話感想

塩づくりがうまくいって、ダネイホンの販売先も決まり、これからというときに進駐軍。
毎朝不安な展開が続いています。

世良が助けてくれ福ちゃん!と叫んでいるとき、源ちゃんの表情がまたよかった。
この間、お父さんとお母さんに挟まれてキョロキョロするときの顔とは違い、不安げな表情に見えました。
とっても演技派!

チャーリーこと岡崎体育さんの存在が気になります。
日系二世だというチャーリー。日本が嫌いだと言っていました。
白人に生まれたかったと。差別があったりするのかな。

不思議なのは、近所の人たちが爆発音を聞いているのに、たちばな塩業の誰も爆発音を聞いていないこと。
誰かが聞いていればこんなことにはならなかったのに。

不安な終わり方のあとで、火野正平さんに癒される日々です。

ツイッター拾い読み

克子姉ちゃん、手伝いに来たことはなかったようだけど、どうやってダネイホンの作り方を覚えた?
まぁいっか。

まんぷく56話キャスト

安藤サクラ,長谷川博己,内田有紀,
松下奈緒,要潤,大谷亮平,桐谷健太,
瀬戸康史,中尾明慶,橋爪功,松坂慶子

→ まんぷく全話あらすじ一覧

→ まんぷく57話
← まんぷく55話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする