まんぷく60話ネタバレあらすじ「夕焼け小焼けの赤とんぼ」

まんぷく あらすじ(ネタバレ)第10週
「私は武士の娘の娘!」
60話12月8日土曜日のあらすじと感想をまとめた記事となっていますので、ネタバレしたくないかたはご遠慮ください。

一週間前の出来事、スーツ姿で真一さんが出勤。
お茶でも飲もうというときに進駐軍があらわれて、源が泣き出して…という。
平和な日々を戻してほしい。

まんぷく 60話 あらすじ(ネタバレ含)

福ちゃんから萬平さんたちをいたわる手紙が届き、留置所にひとときの安らぎが。大阪経済界の重鎮・三田村さんも進駐軍にじか談判して後押しします。ところが、進駐軍から、無実の証拠がない限り軍事裁判にかけると最後通告。萬平さんは「構わない」と覚悟を決めます。その後、泉大津で待つ福ちゃんの元に再び進駐軍がある実験に現れました。

まんぷく60話感想

福ちゃんからの手紙の冒頭、一人一人の名前が呼ばれたときの反応が好きです。そして、手紙を読んでいくと、泣き出す人、沈痛な面持ちの人。個性がとても出ていました。
チャーリータナカも沈痛な面持ち。

福ちゃんの手紙の内容通りですね。進駐軍も人です。

チャーリータナカの変化に好感度アップです。岡崎体育さん、もう出演は終わりなのでしょうか。どこかで特別出演する機会があったらうれしいです。
赤津が歌いだした赤とんぼの歌、チャーリータナカも口ずさんでいました。

最後にカギを回しながら歌う場面、よかった~

萬平さんが言っている、仕事を通じて周囲の人たちが幸せになるということ、実現できたら最高です。
そんな仕事につけたなら幸せです。
現実はなかなか厳しいけど。

進駐軍とのやりとりは、朝から重たいテーマだったので、次週からは明るく元気になれるような展開を希望します。
テーマソングの福ちゃんの不思議行進は元気になりますので。

ツイッター拾い読み

まんぷく60話キャスト

安藤サクラ,長谷川博己,大谷亮平,桐谷健太,瀬戸康史,中尾明慶,橋爪功,松坂慶子

→ まんぷく全話あらすじ一覧

→ まんぷく61話
← まんぷく59話