監獄のお姫様 ゆうすけくんの演技でもらい泣き

監獄のお姫様、ゆうすけくんと姫との別れのシーン。

ゆうすけくんの泣きの演技に涙が止まりませんでした。
別れたあとの、ゆうすけくんがトボトボ歩く姿も泣けてきた。
車のとこまで歩いていってね、ということで言われていたのかもしれません。

ママー!と泣くゆうすけの姿が…

泣き叫ぶ勇介、の字幕にまた涙。

ゆうすけを託したはずの母の裏切り

面会で姫から真実を聞いた母。
そこで、社長にゆうすけを取られたくないからと約束したのに、
ゆうすけを引き取る日に一緒に迎えに来たのが、社長の吾郎なんて、、、

姫は何のために監獄へ行くことを決意したのか。

ゆうすけくんが着ているズボン、工場の端切れで作ったという、プレゼントですね!
か、かわいい。

ゆうすけに涙した監獄のお姫様、5話でした。

監獄のお姫様5話あらすじ

【この子を守りたい!女囚たちの育児日記】
ついにしのぶの赤ちゃんが無事に産まれる。

元気な男の子は、「勇介」と名づけられ、刑務所で育てられる最長の期間、1歳半までここで育てることになる。

カヨたちの獄中での育児が始まった。
しのぶは、1歳半を過ぎたら勇介を施設に預けることを薦められるが、母親に真実を全て話し、自分が出所するまで預かってもらうことを決心する。

そして、お迎えの日がやってくる…。
爆笑ヨーグルト姫事件の真実が次第に明らかになっていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする