おっぺけぺとは何|わろてんか59話

おっぺけぺ おっぺけぺ
おっぺけぺっぽ ぺっぽっぽ

わろてんか見てて、ものすごく心に残るフレーズでした。
でも、あの歌うたいながら踊れば、いやなことも忘れちゃうかも。
朝ドラのわろてんかで歌われているということは、伝統的な歌なんだろうなと見ていました。

おっぺけぺ、流行った歌だそうです。

おっぺけぺと踊る団吾が歌っていた歌とは?

おっぺけぺ おっぺけぺ
おっぺけぺっぽ ぺっぽっぽ

団吾が宴会で歌っていた歌。

オッペケペー節

明治時代に流行った歌とのことです。

おっぺけぺ とは何?

おっぺけぺ おっぺけぺ
おっぺけぺっぽ ぺっぽっぽ

まったく意味不明ですよね。
それは正しいです。
言葉の響きがおもしろいというだけの歌詞です。

現代で言えば、

ペンパイナッポーアッポーペン

に似てると思いました。

おっぺけぺの動画

世界最古のラップともいわれる
オッペケペー節

YouTubeから動画をどうぞ

このリズム、くせになりそう。

おっぺけぺぇ
おっぺけぺっぽ ぺっぽっぽ

子どもが見たら喜びそう。

わろてんかの中でのオッペケペー節

おっぺけぺ おっぺけぺ
おっぺけぺっぽ ぺっぽっぽ

女をだまして地獄へ行って
閻魔にわいろ使こたとて
極楽なんか行けるかえ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする