歌子にフラグ、史実はどうなってる?|わろてんか笑いの慰問団

歌子にフラグ立った…

とネット上でざわついています。
私は史実を知らずにわろてんかを見ているため、女性で派遣されるなんて、勇気あるなぁとだけ思っていました。
戦地に行かずに残ってマンマン亭を営業するのではなく、万丈目はんと一緒に行くその勇気。

送り出される姿もりりしかったです。
でも、フラグの噂を聞きつけて心配になってきました。

史実ではどうなっているのでしょうか。

歌子が派遣されたわろてんか隊、史実ではわらわし隊

歌子が送り出されたのは、わろてんか隊という派遣団でした。
戦地の人たちにも笑いを届けよう、という想い。

寄席に来たある若者の言葉からてんは決意しました。
戦地へ向かう前に、好きな落語をきいていくのだと。
戦争…

夫婦漫才の復活をと風太から促され、再結成となったため、派遣された歌子。

とてもりりしく、かっこよかったです。
やけに印象的で、とても心配。

わろてんかの世界では、わろてんか隊、ですが、史実ではわらわし隊です。
ウィキペディアによると

わらわし隊は、吉本興業(吉本興業部)が朝日新聞社と共同で、日中戦争勃発後中国大陸に派遣された兵士を慰問するために結成した演芸派遣団、慰問団。当時の帝国陸軍・海軍の戦闘機部隊の愛称であった「荒鷲隊(あらわしたい)」をもじって「わらわし隊」と名づけられた。

となっています。

現在噂となっている、慰問団で亡くなった芸人というのは、実在します。

桂金吾・花園愛子(かつらきんご・はなぞのあいこ)

史実によると、花園愛子は歌と三味線が得意であったとされています。
マンマン亭の歌子さんは三味線とは無縁だから、少し変えているのか、あるいは別の人がモデルなのかもしれません。

1941年年7月22日、慰問の移動中の昼に乗っていたトラックが中国軍の被弾を受けました。
先頭車両に乗っていた花園愛子は戦死しています。数えで36歳でした。
花園愛子は漫才師としてはただ一人だけ、靖国神社へ合祀されている人物です。

歌子はミスワカナ?

最初に調べたときに、歌子はミスワカナなのかと思っていました。
調べていくうちに違うことに気が付きました。
ミスワカナは、リリコのモデルとなった人物のようですね。

紅一点のミスワカナは兵士に大いに喜ばれ、ワカナ自身、新聞社のインタビューで「……兵隊さんにもてたのはわたしが一とうですやろ。何しろ舞台に立っても『きれいなんが現れた』いうんでワイワイの大騒ぎでえらい人気。さてはサイン攻めにされほんまにもてすぎて弱りました。」答えるほどであった。

リリコで想像してみると、言ってそうだなぁと思い浮かべることができました。
広瀬アリスさん、リリコにぴたっとはまっているのでしょうね。

ミスワカナは、暇さえあれば街に出かけて子供たちに話しかけたりして、中国語のマスターに勤め舞台で即興の中国語版「金色夜叉の唄」を演じたり、中国の演芸を見るなど研究熱心な面もあった。帰国後は自身の体験をもとに「わらわし隊」という漫才を発表して好評。台本、レコードとして残され、当時を窺う貴重な資料となっている。また、孤児と分かれば金やお菓子を分け与えたりして可愛がった。ある時弁当まで与え、「しもた!わての弁当やってしもた。だれぞ、弁当の半分おくんなはれ。」とこぼした。

リリコ、きつそうに見えてやさしい人です。

歌子のフラグを心配する声

風太を心配する声もあり

絶対的安心感の歌子。ほんと、無事帰ってきてください!

軍服で敬礼、りりしかった。
とにかく、無事でと祈るしかないですね…

歌子スピンオフドラマに出演?

わろてんか、スピンオフドラマを含めオールアップしたそうです。
楓を演じている岡本玲さんのツイートに画像が。

NHK大阪公式ツイートも

歌子さん!!
ご無事で何よりです!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする