半分、青い。あらすじ第6週「叫びたい!」

半分、青い。あらすじ第6週
タイトルは「叫びたい!」

〇〇たい!というタイトルがつく半分、青い。
今週は叫びたい。すずめの失敗について描かれているドラマの中で、叫びたいこともたくさんありそう。
毎朝、すずめのまっすぐな姿と、律の冷静な対応が気になります。

さて、第5週では、律の試験に問題発生。
すずめのクリアファイルと、律のクリアファイルが入れ替わっていてセンター試験を受けることができませんでした。

第6週、試験について語る律、卒業から上京へと話が進んでいきます。
それでは、半分、青い。あらすじ第6週をどうぞ。

半分、青い。あらすじ第6週:登場人物

律(佐藤健)
鈴愛(永野芽郁)
仙吉(中村雅俊)
弥一(谷原章介)
宇太郎(滝藤賢一)
晴(松雪泰子)
草太(上村海成)
ブッチャー(矢本悠馬)
菜生(奈緒)
秋風羽織(豊川悦司)

半分、青い。あらすじ第6週:ネタバレ

律(佐藤健)はセンター試験を受けることができず、京大をあきらめることになりました。東京の名門私立大学に受かるも、きっかけを作ってしまった鈴愛仙吉は責任を感じ、楡野家一同で萩尾家にわびに行きます。
楡野家がお詫びをしていると、律の父・弥一は思いもよらないことを語り始めます。

「受験票は、再発行という手段があるのでは?」

鈴愛は、律に尋ねると、周囲からの期待がプレッシャーだったと打ち明けました。

卒業式を迎え、ともに育った鈴愛たち同級生4人が離れ離れになる日が近づいた。鈴愛と律は東京へ、ブッチャー(矢本悠馬)は京都へ行くことになり、ひとり地元に残る菜生は、今まで秘めていた心の内を口にする。

楡野家では、鈴愛の荷物が徐々に片付いていき、父・宇太郎は鈴愛のためにあるものを作り始める。母・ら家族がさみしさを隠せない中、いよいよ上京前夜。
鈴愛が東京に旅立つ前。子どものころのように、母・晴の布団にもぐりこみ、最後の時間をかみ締める。

翌日、晴、宇太郎、仙吉、草太らは、鈴愛を見送るため一家総出でバスターミナルを訪れる。大好きな家族と別れ、鈴愛は故郷・岐阜をあとにする。

そして、東京。

鈴愛は早速、秋風羽織のオフィスを訪ねるが、そこで待ち構えていたものは…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする