半分青い あらすじ(ネタバレ)49話5月28日(月)

半分青い あらすじ ネタバレあり

私は田舎育ちなのでやっぱり田舎が出てくるドラマに共感してしまうみたいです。
ひよっこも好きだったけど、半分青いも好き。
すずめと秋風のやりとりも。

この記事では、半分青いのあらすじをネタバレしています。
放送されるまでみたくない、というかたはご遠慮ください。

半分青い あらすじのネタバレ感想

半分青いのあらすじを先取りしてネタバレを見た感想。

正人はやっぱりもてる素質を持っているのでしょうね。
すずめを喜ばせるために行動します。
律はどちらかというと、静かに見守ってきました。誰よりも理解してくれる律、喜ばせてくれる正人。

すずめがどちらに惹かれるかといえば、やっぱり正人なんだろうな。

半分、青い。で塚本晋也が教授役

律の運命を変えるロボット制作。
そこに関わってくるのが、塚本晋也さんが演じる宇佐川乙郎教授。

1989年、ローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞の鉄男
塚本晋也さんが監督と主演をした野火
などの監督です。

一部情報で逮捕歴があるとか言われていますが、ガセネタかなと思います。

半分青い あらすじ ネタバレ 49話

なかなか漫画が上達せず、秋風(豊川悦司)に叱られてばかりの鈴愛(永野芽郁)。喫茶・おもかげを訪れると、元気のない鈴愛を見かねたアルバイトの正人(中村倫也)がパフェをプレゼント。さらに鈴愛を喜ばせる“あること”を思いつき、正人は店を飛び出していく。そのころ律(佐藤健)は、放課後の大学構内を歩いていると、懐かしいピアノの音色を耳にする。音につられ部屋をのぞくと、意外な光景が目に飛び込んでくるのだった。

49話キャスト

永野芽郁
佐藤健
中村倫也
清野菜名
志尊淳
東根作寿英
塚本晋也
豊川悦司

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする