半分、青い。62話,あらすじ,ネタバレ,感想「鬼 上等」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第11週
「デビューしたい!」
62話6月12日の感想。

裕子とボクテという仲間に恵まれて、すずめ、オフィス・ティンカーベルに行ってよかった。
悩みを打ち明けることができる、そして聞いてくれる仲間がいるってとても救われる。
律からショックなことを告げられたすずめ、それを漫画の執筆に持っていくことができるか!?

半分、青い。62話6月12日火曜日のあらすじです。
ネタバレ含みます。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)62話

鈴愛(永野芽郁)は律(佐藤健)から思いもよらないことを告げられる。それが鈴愛にとってどれほどショックなことかを知っている裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)は、落ち込む鈴愛の姿を見ていられない。一方、秋風(豊川悦司)は、辛い体験を漫画にすることで自分自身が救われるのだと鈴愛に力説する。しかし当の鈴愛には、漫画を描く気力も残っていない。秋風は鈴愛たちに、出版社への持ちこみ作品を執筆せよとけしかける。

半分、青い。62話感想

土曜日の予告で、第11週のことがいろいろネタバレしていました。
場面での時間が前後しているような感じもしました。

半分、青い。の本を買って読んだので、少しだけ先のことをネタバレして読んでいるのですが、文章で読むのもおもしろいけど、やっぱり映像で、ドラマでみるのがおもしろいですね。
秋風が、すずめに漫画を描くことで救われると強くすすめる。すずめ、裕子、ボクテは頑張る。結果は!?

予告で、ボクテはすずめに何をお願いしていた??

作品を作ることで救われるという秋風の言葉を受けて、執筆するすずめ。
別のことに打ち込むというのはいい方法。
秋風先生、最近とてもかっこいい。

半分、青い。62話キャスト

永野芽郁,佐藤健,
清野菜名,志尊淳,豊川悦司

→ 半分、青い。あらすじ最終回まで

→ 半分、青い。63話
← 半分、青い。61話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする