半分、青い。63話,あらすじ,ネタバレ,感想「秋風の粋な小芝居」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第11週
「デビューしたい!」
63話6月13日の感想。

落ち込むことがあったとき、打ち込めるものがあれば救われることがあります。
すずめには、デビューを目指して漫画を描くという目標に向かう道がありました。
そこには、ライバルの裕子とボクテという仲間もいる。

新しい目標に向かって進んでいる三人。
最初にデビューするのは誰?

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)63話

律(佐藤健)との一件で傷心の鈴愛(永野芽郁)だったが、秋風(豊川悦司)にたきつけられ、デビューを目指して一心不乱に漫画を描き始める。アシスタント仲間の裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)は、鬼気迫る鈴愛の姿に圧倒されつつも、負けられないと闘志を燃やす。三人は、秋風からダメだしを受けながら作品を描き続け、アシスタントとしても精進を重ね、やがて2年近くが経(た)つころ、最初にデビューを果たしたのは…。

半分、青い。63話感想

放送後、感想を追記します

今朝のすずめ、どうにも好きになれない発言。あの笛を捨ててと言ったのはすずめ本人なのに、実行した秋風先生にあの発言。
先週のさやと並んだかも…

漫画家になりたいといったのも、笛を捨ててといったのもすずめ。
漫画家になるために指導している秋風にあれはないです…
それをやさしく見守る裕子とボクテ。
なんていい仲間なんだろう。

明日は木曜日、動きがあるかな。

予告を見た感想をツイッターからピックアップ。

半分、青い。63話キャスト

永野芽郁,清野菜名,志尊淳,豊川悦司

→ 半分、青い。あらすじ最終回まで

→ 半分、青い。64話
← 半分、青い。62話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする