半分、青い。65話,あらすじ,ネタバレ,感想「月刊アモーレ」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第11週
「デビューしたい!」
65話6月15日の感想。

ボクテくん、あせってしまってるのかな。
すずめが描いたストーリーを使わせてほしいとお願いするなんて…
ボクって、が口癖のボクテ。純粋でまっすぐなのがいいところ。

ボクテが経験してきたことを作品に活かせば、きっといいものができると思います。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)65話

裕子(清野菜名)のデビュー以来、ボクテ(志尊淳)の様子がおかしい。裕子は、そんなボクテの変化に気づき声をかけるが、ボクテには届かない。ある日、ボクテは鈴愛(永野芽郁)に「神様のメモ」のストーリーを使わせて欲しいと懇願する。ボクテの切実な様子に戸惑いながらも首を縦に振る鈴愛。後日、鈴愛の部屋の扉が叩かれる。寝ぼけながらに開けると、あわてる菱本(井川遥)から、ボクテがいなくなったと告げられる。

半分、青い。65話感想

66話で放送されたロングバージョン、録画しておけばよかったなと後悔しています。
まわれまわれ じゃなくて ぐるぐるぅ回転木馬ぁ~
北川悦吏子さんだからできたことかも!?

ボクテ、ついにやってしまいました。
月刊アモーレって、そういう雑誌か…

神様のメモをこういった雑誌に掲載してしまうとは、ボクテ、あせりすぎ。
でも、実家から連絡も来ていたし、かなり苦しんでたのかな。
漫画家はやめられるけど、ゲイはやめられないよ…

切ない。

今日の半分、青い。の名場面は、秋風先生の

「えぇ~……」

です。すねた感じがかわいい。
さすが豊川悦司!

半分、青い。65話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,滝藤賢一,
清野菜名,志尊淳,
矢本悠馬,奈緒,
上村海成,古澤裕介,真山亜子,
井川遥,中村雅俊,豊川悦司

→ 半分、青い。あらすじ最終回まで

→ 半分、青い。66話
← 半分、青い。64話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする