半分、青い。68話,あらすじ,ネタバレ,感想「二人の落書き」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第11週
「結婚したい!」
68話6月19日火曜日の感想。

正人くんと別れ、律とも別れた。
悲しみが続いたすずめを支える裕子。
裕子がいて、よかった。

裕子、単発じゃなくて連載決定、すごい。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)66話

鈴愛(永野芽郁)の連載が決まった直後、秋風(豊川悦司)の援護射撃もあり、裕子(清野菜名)も連載が決定した。苦楽を共にしてきた鈴愛と裕子は同時に漫画家として歩み始めることになった。ところがいざ連載が始まると、ふたりともアイデアがぴたりと止まってしまう。締め切りの前夜になり、いよいよ追い詰められた二人は、一緒に落書きをして気晴らしをしたりしながら、互いに支えあって初めての作品の構想を練り上げていく。

半分、青い。68話感想

二人の落書きも漫画家だなぁと思わせるような仕上がり。
あんなふうに落書きできたら、楽しいだろうなと思ってしまった。
才能ある二人には感じないだろうけど。

波、山。星。
スケーター。

落書きのあと、作品が完成。
裕子のセリフ。

「すずめ好きだ」

初めてペンを貸したときには、こんなふうになるなんて思ってなかっただろうな。

半分、青い。68話キャスト

永野芽郁,豊川悦司,井川遥,清野菜名,
近藤芳正,太田緑ロランス

→ 半分、青い。あらすじ最終回まで

→ 半分、青い。69話
← 半分、青い。67話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする