半分、青い。78話,あらすじ,ネタバレ,感想「鈴愛神回」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第13週
「仕事が欲しい!」
78話6月30日の感想。

北川悦吏子さんが神回だと予告していた放送日。
すずめの神回だということでした。
心して視聴しました。

泣いた。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)78話

生き残りを懸けた新作漫画の締め切りが近づく中、鈴愛(永野芽郁)は、律(佐藤健)からのはがきを握りしめ、大阪の律の家まで来てしまっていた。そのころ、突然もぬけの殻となった東京の鈴愛の部屋には秋風(豊川悦司)、菱本(井川遥)、裕子(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)が集まり、鈴愛の行方を案じていた。そして完成には程遠い原稿が机にあるのを秋風が見つける。夜、大阪から戻った鈴愛は、完全に追い詰められていた…。

半分、青い。78話感想

律に会うのだと思っていたけど、そのまま去っていったすずめ。
和子さんがまさかいるなんて。
でも、お世話好きな和子さんだから、ちょくちょく通っているのかも。

すずめが爆発する場面。
涙が出ました。
できないとわかっている自分自身の実力。それでもやらなくてはいけない苦悩。

近くには、結婚したり売れていたりと、自分が持っていないものを持っている仲間。

本音では語らない師匠…

苦しい回でした。
で、予告。
ついに大納言での物語が始まります。

半分、青い。78話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,原田知世,
豊川悦司,井川遥,清野菜名,
志尊淳,東根作寿英,石橋静河

→ 半分、青い。あらすじ最終回まで

→ 半分、青い。79話
← 半分、青い。77話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする