半分、青い。レダハーの元ネタ

半分、青い。貴美香先生のお祝いにと選んだドレスは黄色でした。

裕子の結婚式にはカエルのドレス。
律に会うためのドレスは黄色のレダハー。
有名ブランドという注釈がついていたレダハーのドレス。

うーん、てかった黄色のドレスって、還暦祝いにはいまいちじゃないかなぁ。
洗濯でしわしわになってしまったレダハーのドレスは着ていけないと、パーティーに行かなかったすずめでした。

ところで、レダハーって元ネタ何?

半分、青い。レダハーの元ネタ

レダハーって実在しないブランドです。

脚本を手掛ける北川悦吏子さんは、元ネタとかぶらないように注意を払って名前をつけているそうです。
正人と律とすずめで出かけた

「マハジャロ」

マハラジャ、ジュリアナは実在しますが、マハジャロは実在しません。
架空の名前をつけるのも大変です。

月刊マーガレットじゃなく、ガーベラ。

今回は、何が元ネタでレダハーなんだろう。
ブランドの名前で思いつくのは

  • プラダ
  • グッチ
  • ルイヴィトン
  • くらいしか思い浮かびません。
    もっとファッションに詳しかったら、あぁ、あれのことね、って思い浮かぶのかな。
    レダハー、何だろう。

    レダハーの元ネタ推測

    レダハーのドレスについて

    レダハーのドレス元ネタは結局?

    レダハーのドレスの元ネタについては不明です。
    原作者の北川悦吏子さんが何かつぶやいてくれたら判明するかも。

    モータリゼーション
    レダハー

    カタカナの単語が踊る回でした。

    裕子の部屋にあったものと似ているけど、6月25日放送で、すずめが貯金おろして買ったことを律に話しています。
    裕子からもらった服ではありませんでした。
    貯金おろして購入するほど高いんですね、レダハーのドレス。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする