半分、青い。79話,あらすじ,ネタバレ,感想「秋風と鈴愛の共作」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第14週
「羽ばたきたい!」
79話7月2日の感想。

7月に入り、新しいキャストの予感を感じつつも、オフィス・ティンカーベルでの話が終わろうとしている寂しさも感じます。
秋風塾が終わろうとしているのかな…

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)79話

秋風(豊川悦司)のひと言で再び漫画を描き始めた鈴愛(永野芽郁)。締め切りが迫る中、何とか鈴愛の力になりたいと、裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)もオフィス・ティンカーベルに集まる。ところが、鈴愛は全く先の展開が思いつかない。焦る鈴愛をよそに時間は刻々と過ぎていき、ついに締め切りの朝を迎える。そのとき、描きかけの原稿を前に呆然とする鈴愛の携帯電話が鳴り、聞き覚えのある懐かしい声が聞こえてきて…

半分、青い。79話感想

なつかしい声とは、律でした。通勤途中だという律が電話をかけてきました。
その会話はどこかもどかしい感じ。
頑張れよと言われたすずめだったけど、もう原稿が仕上がることはなかった。

土曜日から続く、すずめのせつない表情。目の下のクマも。

すずめを信じて待つボクテと裕子。どこまでも仲間。
秋風先生、愛情ある代作の原稿。
あの漫画、読んでみたいな。

すずめを信じて待ちながらも、仕事に穴をあけないよう責任を持つ。
秋風がプロなんだと感じました。

半分、青い。79話キャスト

永野芽郁,佐藤健,中村雅俊,
豊川悦司,井川遥,清野菜名,
志尊淳,MIO,YAE,
石橋静河,丸一太

https://dramanet.info/hanbunaoi-arasuzi/
→ 半分、青い。あらすじ最終回まで

→ 半分、青い。80話
← 半分、青い。78話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする