半分、青い。91話,あらすじ,ネタバレ,感想

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第15週
「抱きしめたい!」
91話7月16日の感想。

涼次がすずめのファンであることがわかってから一週間がたちました。
雨の中踊ったと思ったら、もう挨拶に実家を訪れる二人。
早い!

半分、青い。月曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)91話

鈴愛(永野芽郁)との結婚のあいさつのため、岐阜を訪れた涼次(間宮祥太朗)。一時は不穏な空気になりながらも、仙吉(中村雅俊)の配慮もあり、晴(松雪泰子)、宇太郎(滝藤賢一)も次第に涼次に心を許していく。夜になり、すっかり楡野家のメンバーに気に入られた涼次は、翌日も家族で出かけることを約束し、茶の間に準備された床に向かう。そこに入ってきた鈴愛は、涼次が布団の上でひとり、涙を流しているところに遭遇する。

半分、青い。91話感想

涼次が一瞬に咲けのファンだという流れは想像できませんでした。
最近、北川悦吏子さんの描いたストーリーにはまってしまっています。
毎日楽しみで。

涼次には幸せになってほしいけど、でも、律のことも忘れられないんだよなぁ…

半分、青い。91話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,滝藤賢一,
中村雅俊,間宮祥太朗,斎藤工,
キムラ緑子,麻生祐未,須藤理彩,
上村海成

→ 半分、青い。あらすじ最終回まで

→ 半分、青い。92話
← 半分、青い。90話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする