半分、青い。127話,あらすじ,ネタバレ,感想「スケートをやりたい花野」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第20週
「何とかしたい!」
127話8月27日の感想。

一週間前の放送では、
センキチカフェがオープンしてにぎわいを見せていました。
なつかしい先生も訪れたりして。

半分、青い。月曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)127話

普段、めったにわがままを言わない花野(山崎莉里那)が、浅田真央に憧れてフィギュアスケートの選手になりたいと言い出す。鈴愛(永野芽郁)は何とかしてやりたいとあれこれ思案。律(佐藤健)やブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)にも相談するが、まずは有名なスケート教室に通わせることが第一歩だとわかるも、今の家庭状況では難しい。そんな中、以前ふくろう町に現れたうさんくさい男・津曲(有田哲平)が再び訪ねてくる。

半分、青い。127話感想

人間て、いつまでも子どものままっていう部分もあります。
今日の放送で、津曲さんに「変な名前」と面と向かって言うすずめを見て思いました。素直なんだろうけど、失礼…。

梟会の楽しい感じが、律を大阪に返さないのではと。より子さんとうまくいっていないような描写があるので。
でも、塾あってサッカーも習ってとなると、より子さん忙しいだろうな、律だって少しは手伝ったらと思ってしまいます。妻目線ですね。
同じような意見があると少しほっとしたりします。

半分、青い。は酷評が目立つドラマですが、セリフでグッとくるものもたくさんあります。
その一つが今日出てきたのではないでしょうか。

半分、青い。127話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,滝藤賢一,
佐藤健,谷原章介,有田哲平,
矢本悠馬,小関裕太,奈緒,上村海成,
山田真歩,山崎莉里那,咲坂実杏


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。128話
← 半分、青い。126話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする