半分、青い。128話,あらすじ,ネタバレ,感想「日にち薬」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第20週
「何とかしたい!」
128話8月28日の感想。

前週の放送では、久しぶりにぎふサンバランドの名前が出てきました。
弥一さん、ずっと家にいて気持ちが疲れていたのですね。
128話のキャストに和子さんの名前がないのはさびしいです…。

半分、青い。火曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)128話

センキチカフェに突然津曲(有田哲平)が現れる。鈴愛(永野芽郁)や律(佐藤健)、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)たちの警戒をよそに一方的に身の上話をしゃべり続けたあげく、岐阜犬を自分に預けてくれないかと要求。このしゃべるぬいぐるみのアイデアを、有名なおもちゃメーカーに売り込みたいのだという。鈴愛は、半信半疑ながら津曲に任せる。一方、律は海外赴任の話を蹴って、家族のために大阪に帰る決心をしていた。

半分、青い。128話感想

岐阜犬の権利をいただきたいとあらわれた津曲。
ヒットエンドランという会社の代表取締役でした。
有田さん、割と早口でセリフをしゃべっていて、すごいなと思いました。

津曲のヒット作は、ひめっち。
たまごっちのかぐや姫バージョン。なおちゃん、はっきりとパクリって。

当時はそういうパクリ商品いっぱいあった気がします。
たまごっち、白いのは人気でプレミア価格で売ってたなぁ。

すずめ、岐阜犬見ると和子さん思い出しちゃうんですね…

まだ目に付く場所に和子さんの写真を飾れないでいる弥一さん。
日にち薬が効いてくれるといいな。

半分、青い。128話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,滝藤賢一,
佐藤健,谷原章介,有田哲平,矢本悠馬,
小関裕太,奈緒,上村海成,ふせえり,
山田真歩,山崎莉里那


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。129話
← 半分、青い。127話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする