半分、青い。133話,あらすじ,ネタバレ,感想「正人と律が再会」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第23週
「信じたい!」
133話9月3日の感想。

まぁくん、登場してから一気に爆発していました。
引っ越したあとは、まぁくんロスと言われていました。
正人、久しぶりの登場です。

半分、青い。月曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)133話

2010年。2年間のアメリカ勤務を終えた律(佐藤健)は菱松電機の課長として東京で働き始めた。引っ越したばかりの律を訪ねてきたのは、学生時代の友人・正人(中村倫也)。更に、律の大学の恩師・宇佐川(塚本晋也)もやってくる。2年前のリーマンショック以降、ロボット研究をめぐる状況は厳しくなり、律は転職を考えているらしい。一方、鈴愛(永野芽郁)も思いもよらない暮らしぶりをしていた…。

半分、青い。133話感想

待望の再登場ですね!

ふんわりした印象はそのままに、スーツ姿が素敵でした。
翼の写真を見つけるものの、気を遣って話題にあげない正人。
離婚については、ナレーションでの報告になったので、「ナレ離婚」というワードがトレンド入りしていました。

土曜日にはいい感じだった律とより子さんだったけど、あっさりとした離婚報告でした。

すずめは、律と再会した直後にビールをかけるとか、やっぱ変わってなかったか…
という登場でした。
五平餅の屋台は、売れないでしょうねぇ

半分、青い。133話キャスト

永野芽郁,佐藤健,中村倫也,塚本晋也,山崎莉里那


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。134話
← 半分、青い。132話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする