半分、青い。135話,あらすじ,ネタバレ,感想「花野にカニを作る律」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第23週
「信じたい!」
135話9月5日の感想。

前週の放送では、津曲が権利を買い取るという話でした。
かんちゃんのために、上京を決意したすずめ。
突然いなくなった津曲がやっていたこととは!?

半分、青い。水曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)135話

けがをした律(佐藤健)を気遣い、光江(キムラ緑子)と花野(山崎莉里那)が律のもとを訪ね、食事を差し入れる。一方の鈴愛は、会社の倒産で鈴愛を残しひとりで夜逃げした津曲(有田哲平)と再会。債権者への対応の苦労を訴える鈴愛に対して津曲は、鈴愛の好きな塩ラーメンの修業をしていたと説明し、詫(わ)びの印にとふるまう。そんな中、岐阜にいる草太(上村海成)から鈴愛に電話があり、楡野家の一大事が告げられる…

半分、青い。135話感想

律は骨折、右手の小指と薬指が使えません。ミツエさん登場!
やっぱり衣装が素敵でした。そして、律をあやしげに見つめる表情が最高^^

すずめはスケート教室を3おばから援助してもらっています。

涙のお別れで最後かと思っていたけど、再登場はうれしいですね。
この先の半分、青い。では、いろいろな人が再登場する予定になっています。

ネタバレになりますが、涼ちゃんも!!

という意見もあるようですが、この先再登場して、すずめとも話をすることになっています。

津曲も見つかりました。
割と近くでラーメンを売っていたという。
あのラーメンおいしそうだったなぁ。食べてみたい。

あさイチで永野芽郁さん塩ラーメンの話をしていました。このラーメンかもですね。

晴さんはガンが見つかったとソウタから電話。
和子さん病気で亡くなり、晴さんも病気。
世界一周の夢、あの時かなえてあげればよかったのに…

半分、青い。135話キャスト

永野芽郁,佐藤健,有田哲平,キムラ緑子,
小西真奈美,中村倫也,上村海成,山崎莉里那


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。136話
← 半分、青い。134話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする