半分、青い。136話,あらすじ,ネタバレ,感想「まーあかん袋に叫ぶすずめ」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第23週
「信じたい!」
136話9月6日の感想。

出会いや別れ、ピンチやチャンスが人生の中で何度もめぐってきます。
すずめの周囲にもいろいろなことが起きています。
晴さん…

半分、青い。木曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)136話

草太(上村海成)からの電話で、晴(松雪泰子)の窮地を知った鈴愛(永野芽郁)。心の整理がつかないまま電話をかけ、互いに気丈にふるまって話すが、本当は心配でたまらない。週末、鈴愛が実家に帰ることとなり、律(佐藤健)は、正人(中村倫也)とともに花野(山崎莉里那)を廃校シェアオフィスのフリーマーケットに連れていく。そこで律は、大学時代のロボット研究の先輩・南村(山崎樹範)と偶然出会う。

半分、青い。136話感想

早朝に大きな地震があり、「半分、青い。」の放送はどうなるかと思いましたが、BSでは通常通り放送されました。

晴の病状はソウタから図解で説明を受け理解したから、と気にしていないように見せかけていたけど、本当は心配だったんですね。
そりゃそうですよね。近い人がガンだと知れば、心配しない人はいないでしょう。

まーあかん袋に想いをぶつけるすずめ。確かに、もっと売れそうな商品。かんちゃんの「ふぎょ」もかわいいし。
セールスの仕方を変えたら売れるのかも!?

今後の展開が気になる、知りたい!という場合は小説版がおすすめ。
晴の手術は成功、悲しい展開にはならずにすんだけど、この先…
ストーリーが進んでいくと、あの場面が来るのかと少し不安です。

今日の放送で一番印象に残ったのが、最後の律の表情。
トンダという自動車会社に勤務していたという知り合いと再会した律の、キラキラした顔。
律の転機になるあの表情だなと思いました。

半分、青い。136話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,滝藤賢一,上村海成,
山崎莉里那,佐藤健,小西真奈美,
中村倫也,山崎樹範


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。137話
← 半分、青い。135話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする