半分、青い。137話,あらすじ,ネタバレ,感想

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第23週
「信じたい!」
137話9月7日の感想。

律とすずめの共作は、糸電話から始まりました。
律の頭脳と、すずめの発想。
二人の誕生はやっぱり運命だったかも。

半分、青い。金曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)137話

晴(松雪泰子)の見舞いのため、鈴愛(永野芽郁)は岐阜の実家に帰ってきた。そこで鈴愛は、商品開発を細々と続けていることを母に報告するが、親孝行になるような何かを作りたいと思う。同じころ東京では、鈴愛の留守の間に花野(山崎莉里那)を預かることになった律(佐藤健)と正人(中村倫也)が、津曲(有田哲平)たちがいるシェアオフィスを訪ねていた。そこで律は恵子(小西真奈美)に、起業することを提案される。

半分、青い。137話感想

ハメゴロシの窓に息苦しさを感じていた律。
管理職にも向いていないと悩んでいました。
背中を後押しする恵子の言葉。

正人に活き活きと語る律がいいなと思いました。
大学時代にいい仲間ができたんだなぁって。
子ども時代にできた友達と再会するといつでも子どもに戻ることができるし、大人時代にできた友達とは何でも話せる。
私はそんな関係が多いです。

半分、青い。137話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,滝藤賢一,上村海成,
咲坂実杏,山崎莉里那,佐藤健,中村倫也,
有田哲平,小西真奈美,小関裕太


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。138話
← 半分、青い。136話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする