半分、青い。140話,あらすじ,ネタバレ,感想「律&正人♪さよなら~」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第24週
「風を知りたい!」
140話9月11日の感想。

すずめとマア君は風の谷で偶然再会しました。
チュクチュンのイントロがすずめの頭に流れて…、そして律とも再会。
その再会を経てそよ風の扇風機の開発へと進む二人。

半分、青い。火曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)140話

鈴愛(永野芽郁)のひと言から、そよ風の扇風機を作ることをひらめいた律(佐藤健)。そこで律は、鈴愛に扇風機のデザインを任せて、自分はロボットの研究開発の経験を生かし、自然のそよかぜを生み出す羽根の設計を担当することに。律は、いつか秋風(豊川悦司)からかけられた言葉を胸に菱松電機を退社。扇風機を作るためにシェアオフィスに事務所を構える。そして正人(中村倫也)も巻き込んで、そよ風の計測をスタートさせる。

半分、青い。140話感想

チュクチュン、から一週間で展開が早いです。
再会したと思ったら、もう扇風機の開発に着手しています。小説の通りに進んではいるのですが。
風の計測にマア君も参加しているのですが、仕事が心配。疲れちゃわないのかな。

ロボットに比べたら扇風機なんて、と発言した律に、失礼だとすずめ。
何度も失礼な発言を繰り返してきたすずめだけど、アラフォーになって、失礼な振る舞いがわかったということかな?

律はいよいよ退社して扇風機の開発に着手しました。
退職金がみるみる減っていくという苦しみはあるだろうけど、研究している律は活き活きしているように見えます。
やりたいことをやるって、人生が楽しくなるのですね。

扇風機のデザインがこちら

実現したらすごい!

律とマア君が、学童の迎えの時間だからとすずめが帰ったあと歌った場面。
北川悦吏子さんの実体験だったらしい。

半分、青い。140話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,佐藤健,
中村倫也,上村海成,山崎莉里那


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。141話
← 半分、青い。139話