半分、青い。144話,あらすじ,ネタバレ,感想「すずめは生きる塊」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第24週
「風を知りたい!」
144話9月15日の感想。

前週の放送では、久しぶりに律とすずめが衝突しました。
心配して今の会社に残ったほうがいいと説得するすずめ、でも言葉が乱雑。
気遣えば気遣うほど言葉はきつくなり…

でも、今では一緒に開発を進めています。

半分、青い。土曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)144話

実家で見つけたあるものから、かつて100円ショップで経験したことを鈴愛(永野芽郁)は思い出す。早速、東京で実験を繰り返している律(佐藤健)に電話をかけ、とあることを提案する。鈴愛の言うとおりにすると、そよ風に近い感触を得られることを実感した律は、その風の計測に取り掛かる。そのとき、オフィスの扉をノックする音が聞こえ、懐かしい人物が現れる。

半分、青い。144話感想

なつかしい人物とは、ボクテと裕子のことでした。
どうやってオフィスの場所がわかったのかという疑問は沸いてきたものの、きっとすずめが連絡取りあっていたのだと思います。
視聴者がぱっと気になる部分をセリフなどからつかみきれないから、批判も多いドラマになっちゃうのかな。

ロッカーに隠れていたボクテ。それを見たすずめは、一言ふぎょぎょでした。
私ならもっと驚いちゃいます。うわー!みたいな。
ふぎょぎょー!!!って。
小説版で読むと飲み込める部分も、ドラマになると半分白目になっちゃうのは、演出のせい?

裕子と語る場面も、唐突に思えました。
もう少し自然な流れで、仙台の海が見える病院の話が出てきたら、後々の場面で今日のストーリーを思い出すんだろうけど、あれだけ突然語られると、フラグ立っちゃった!?と感じてしまいます。

神回になるのではと期待していたけど、ちょっと残念だったかな…

でも、今後につながる大切な放送回だったと思います。
あと二週間。

裕子、最終週に登場しそうです…

半分、青い。144話キャスト

永野芽郁,松雪泰子,佐藤健,滝藤賢一,
中村倫也,清野菜名,志尊淳,上村海成


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。145話
← 半分、青い。143話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする