半分、青い。146話,あらすじ,ネタバレ,感想「やり直す気ない?」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第25週
「君といたい!」
146話9月18日の感想。

前週の「半分、青い。」では、マア君がアキコへの思いを律へ話すという展開でした。
好きなんだけど、プロポーズとなるとためらってしまうというマア君だったけど、今日はすずめに…

律はあれから風を計測し続けています。

半分、青い。火曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)146話

花野(山崎莉里那)のひと言から、ついにそよ風の扇風機完成への糸口を見つけた律(佐藤健)。時がたつのも忘れるほどの集中力で風の速度を計算し続ける。一方、見守るしかない鈴愛(永野芽郁)は手伝いで訪れた正人(中村倫也)とともに食事に出かける。そこで正人は、意外な申し出を…。そんな中、津曲(有田哲平)の息子・修次郎(荒木飛羽)がシェアオフィスを訪ねてくる。自社の倒産を息子にひた隠している津曲は…。

半分、青い。146話感想

何枚も試作品の羽を作った律。試作品を動かしてみるものの、思うような風ではなく。
すずめに誘われて外に出て、改めてそよ風の気持ちよさを感じていました。

マア君と食事しているとき、やり直さないかと言われたすずめ。
でも、自分の気持ちに気が付いたということでした。
どうして律に伝えないかというと、振られるのが怖いということ。
アラフォーになって、恋をして、となるとそんな感じなのかなぁ。

アラフォーな私は気になるところ。

津曲が修次郎に意気揚々と扇風機の説明をしているところ、部屋の外から見ていたすずめ。
たくらみ顔でした。
津曲、嘘をつき続けていくと苦しいのにね。ラーメン作ってる、でもいいのになぁ。

半分、青い。146話キャスト

永野芽郁,佐藤健,有田哲平,小西真奈美,
中村倫也,山崎莉里那,荒木飛羽


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

→ 半分、青い。147話
← 半分、青い。145話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする