半分、青い。149話,あらすじ,ネタバレ,感想「津曲のセリフ」

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)第25週
「君といたい!」
149話9月21日の感想。

津曲、律とウイスキーを飲みながら語っていた時、あやしい笑みを浮かべていました。
やっぱりたくらんでたか!
でもいいお父さん炸裂な津曲でした。

半分、青い。金曜日のあらすじと感想。

半分、青い。あらすじ(ネタバレ)149話

ようやく完成したそよ風ファンが開発データごと盗まれてしまう。あわてる律(佐藤健)から報告を受けた鈴愛(永野芽郁)は、自分が開発したと息子にうそをついていた津曲(有田哲平)の仕業だと直感する。そのころ津曲は、そよ風ファンを自分が開発したものとして売り込むため、大手電機メーカーの応接室にいた。津曲が緊張しながら担当者を待っていると、携帯電話に意外な人物から着信がある。動揺しつつも電話をとった津曲は…。

半分、青い。149話感想

津曲が電話で話した父としてのセリフがとても心に刺さる回でした。

「マスクは取らなくていい」
「そのまま帰っていい。明日お父さんが学校に行って、先生に話す」
「お前はまだ子供だ」
「相手は頭デッカチの大人だ」
「太刀打ちできる相手じゃないし、太刀打ちする必要はない」

友達なんか、いらない。媚びるな。自分でいろ。無理してみんなに合わせるな。カッコつけようとしなくていい

私は、小説を先に読んでいてドラマを視聴しています。有田さんの演技は、想像していた通りの津曲でした。お父さんとしてのやさしくて強い雰囲気が出ていました。
あてがきだということですが、イメージぴったりですね。

「お父さんは、もうカッコ悪い」
と素直に謝るところも、津曲らしさが出ていたかなと。

あさイチで北川悦吏子さんが明日の150話はみてくださいと話していました。
最終週へとつながっていくらしいです。

佐藤健さんによると、明日の次週予告では、重要な場面は入っていないので安心して視聴できるそうです。
ネタバレせずに予告を視聴できそうです。
私は結末知っているけど、どういうふうに映像として再現されるのか、楽しみにしています。

半分、青い。 下 (文春文庫) [ 北川 悦吏子 ]

あさイチに佐藤健・北川悦吏子

佐藤健さんが有田哲平さんに勧められたという放送禁止。
FODで動画視聴できます。

半分、青い。149話キャスト

永野芽郁,佐藤健,有田哲平,小西真奈美,荒木飛羽


連続テレビ小説半分、青い。(Part2) (NHKドラマ・ガイド) [ 北川悦吏子 ]

→ 半分、青い。150話
← 半分、青い。148話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする