木村拓哉身辺警護人!どのドラマもキムタクになっちゃう?

木村拓哉さんが2018年1月のテレビ朝日のドラマに主演することがわかりました。

ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」
カッコ仮、ということで、正式タイトルではないらしい。
木村拓哉さんのドラマ、注目度が高く、視聴率も自然と期待されます。

ただ、どのドラマを見てもキムタクにしか見えない、という声も…
本当に木村拓哉さんは何を演じてもキムタクでしょうか。

木村拓哉主演、役はキムタク

木村拓哉主演のドラマは、キムタク役にしか見えない、いつも同じ。

木村拓哉さんがドラマに出るといつも言われることです。
HEROの木村拓哉さんは、はまり役だったように個人的に思っています。
イメージと役がぴったりはまっていたという感じ。

木村拓哉さんといえば、ホリさんが有名にした
「ちょ、まてよ」
でしょうか。

実際に木村拓哉さんは、そのようなことは言っていないらしいのですが、木村拓哉といえば、ちょまてよ、というイメージは定着しています。

キムタク役、というのは、いつもかっこいい役しかやっていない、という意見です。
でも、最近見たドラマで、だめ男の役もあったような…

木村拓哉ドラマはキムタク役?かっこいい役ばかりじゃない

木村拓哉さんのドラマというと、かっこいい役ばかりというイメージですが、そうでもありません。
ファンが見たい姿は、かっこいい姿だし、かっこいい役のほうがはまっているので、必然的にかっこいい役が多いのは仕方がないことだと思います。

でも、私が記憶しているだめ男の役だったドラマがあります。

アイムホーム

事故によって記憶を失った男。記憶を失う前は証券会社でバリバリ働く、冷酷な一面も持つ人物。
妻と子供の顔は思い出せるけど、実際に見ると、仮面にしか見えないという設定。

記憶を失った木村拓哉さん、メモを必死にとる姿が印象的なドラマでした。
あのメモ帳、ほしくなったなぁ…

アイムホームは、テレビ朝日での木村拓哉初主演ドラマでした。

安堂ロイドも、かなり攻め込んでたドラマでした。
木村拓哉さんは、実はアンドロイドだという設定。
視聴率が低かったらしいですが、おもしろかったです。

HEROやGOODLUCK!などのように、かっこいいドラマはやはり高視聴率。
そうでないと視聴率は伸び悩み。
やはり、視聴者は、木村拓哉さんのかっこいい姿を見たい、ということのあらわれなのかも。

ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」への木村拓哉コメント全文

 最初にこのドラマのお話を聞いたとき、「ボディーガード」という職業をテーマに選んでくれたことに感謝したいと思いました。そこを描こうというジャッジをしたプロデューサー、脚本の井上由美子さんにびっくりしたというか「なるほど、そうきたか!」という意外性がありました。

 僕自身も仕事柄、ボディーガードの方々のお世話になることがあるのですが、彼らがいてくださるというだけで安心感が凄いです。でも実際には何事も起きたりはせずに、その日の任務を終えて「では、これで失礼します」と言って帰っていかれるんです。もちろんボディーガードという職務にとっては、何も起きないことが100点満点ではあると思うのですが、このリアリティーをドラマでどのように描いていくのか……非常に難しいところだと思うので、意外性を感じましたね。ドラマですので、毎回何も起きずに終わるわけはなく、そこはしっかりとスリリングに描いていきたいですよね(笑)。

 「ボディーガード」という方々がどんな業務をされているのか。みなさんが抱いているイメージもあると思いますが、それを一掃するような作品になるのではないかと思っています。スタッフ、共演者の方々とこれからどういうアプローチをしていけるのか、楽しみです。

 僕が演じる島崎章という男は、過去のある出来事がきっかけで現在はボディーガードの世界からは退いているわけですが、その当時にはボディーガードという仕事に使命感・プライドを持って職務に就いていたのだと思います。過去に起きた出来事、それが章の心にどのような変化をもたらしたのか、しっかりと自分の中に落とし込んでいきたい。

 脚本の井上由美子さんとは「エンジン」以来、13年ぶりにご一緒しますが、13年という年月を感じないくらい身近な存在。井上さんほど、本を作っていく過程で柔軟な方はいないんじゃないかと思うくらい、いつも出来上がってきた本に驚かされます。また、女性目線で描く男性の心理・世界もとても興味深いので、今回も井上さんが作ってくださる世界の中で、存分に章という男を担っていきたいと思います。

 ボディーガードは、普通に暮らしている人たちには遠い存在、無関係な世界と思いがちかもしれませんが、決して特別な存在なわけではないということを、この作品、そして島崎章という男を通してみなさんに伝えられたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする