わろてんか14話ネタバレ・あらすじ大板血(おおいたち)

わろてんかネタバレあらすじ第3週
「一生笑わしたる」
14話10月17日の感想。

久しぶりの再会をした藤吉とてん。
しかし、リリコから藤吉の手紙は嘘が書かれていたと知ります。
嘘を知ったてんは?

わろてんか、14話のネタバレ含むあらすじです。

わろてんかネタバレあらすじ14話

てんは藤吉がなぜ嘘をついたのかを知りたいと思い、薬祭りの寄席へ会いに行きます。
藤吉は芸人ではなく大阪の米問屋の跡取り息子でした。夢をあきらめた後も、てんに嘘の手紙を送り続けていたと話す藤吉。
リリコから、藤吉の本名は北村藤吉郎であるということも聞きました。

嘘だったことに傷ついたてんは、藤吉への思いを断ち切ろうと決めました。
翌日、再びてんは藤吉と出会ってしまいます。
そこへ藤吉の芸人仲間キースが男たちに追われてやってきて、ケンカ騒動に巻き込まれてしまう。
てんをかばおうとした藤吉が頭にけがを負いました。

てんは藤吉のの傷が癒えるまで店の蔵に藤吉とキースををかくまうことにします。

わろてんか14話感想

長いこと会っていなかったてんと藤吉。
薬祭りで再会したあと、出会いたくないのにまだ出会ってしまうという。
こういうのが運命、なのでしょうね。

八卦小屋で、今気になっている人が運命の人だと言われたてん。
その占い通りに、藤吉と一緒になるわけですが…

藤吉が板をもって戦うシーン。
メイキングで紹介されていた場面でした。
遠くからうつした映像を覚えているので、ドラマになると、あんなに迫力がある場面になるんだなぁとおもしろかったです。

戦うときに持っていたのが、血がついた大きな板。
キースが、おおいたちがいるとだましていた道具です。

おおいたち
大板血

これはだめですね…

わろてんか14話キャスト

葵わかな,松坂桃李,濱田岳,広瀬アリス,徳永えり,大野拓朗,堀田真由,鈴木保奈美,竹下景子,遠藤憲一

→ わろてんか13話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする