わろてんか20話ネタバレ・あらすじ頼子もイケズ

わろてんかネタバレあらすじ第4週
「始末屋のごりょんさん」
20話10月24日の感想。

離れた場所にいる我が子を心配するのは親心。
トキを送り込んだしず。
家を出ていったけれど、てんは家族に愛されています。

わろてんかネタバレあらすじ20話

北村屋で女中として働くことになったてん。掃除に炊事、洗濯と毎日朝から忙しく働くようになりました。
使用人が食事中には、そばにわざと漬物樽を置いて食欲をそぐようにしていました。
徹底した節約ぶりにてんは驚きます。

てんが心配なしずはトキを大阪に送り込み、てんはトキの加勢を得て、啄子のイケズにいっそう明るく立ち向かいます。
漬物のにおいで食欲をそぐという啄子の作戦には、しょうがを切ったもの漬物壺の前に干したり、壺の中に漬けておくなどの工夫で、におい対策。
てんの機転に女中から賛同を得ました。

藤吉ははっきりと楓に結婚する気はないと伝えるが、啄子がてんと楓に米を売る勝負をさせて、二人のどちらが嫁にふさわしいかを決めると宣言。

わろてんか20話感想

トキ、てんと抱き合うシーンがよかったです。
女中であり、友達のようでもあり、という存在なトキがよくわかる場面でした。

そして、啄子の他に強烈なイケズキャラ登場。
頼子、藤吉の姉です。
いきなりてんの私物をまいて登場とは、なかなかのキャラですね。

藤吉に取り上げられ、不満そうに去っていく場面がありました。
てんや藤吉は恵まれている、それなのに私は…と嫉妬する頼子の気持ちがのちにわかります。

もっとネタバレを知りたいというかたは、わろてんかネタバレあらすじ一覧から読み進めてくださいね。

わろてんか20話キャスト

葵わかな,松坂桃李,徳永えり,岡本玲,鈴木京香

→ わろてんか19話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする