わろてんか23話ネタバレ・あらすじ。しずが北村屋へ

わろてんかネタバレあらすじ第4週
「始末屋のごりょんさん」
23話10月27日の感想。

蔵で、てんが好きだと告白した藤吉。
てんも藤吉への思いは揺るがず、一緒に大阪へやってきました。
啄子に認めてもらおうと仕事をがんばるてん。

そこへしずが現れました。

わろてんかネタバレあらすじ23話

てんとの結婚を啄子に認めてもらうため、藤吉は産地から米を直接買い付け売り出そうと考えました。
だが仕入れた米は、味は良いが値段が高いと番頭の又八に一蹴されてしまいます。

そんな中、しずが北村屋に現れ、啄子に面会を申し出ました。座敷で対峙する啄子としず。
てんを迎えにきたと思われましたが、しずは娘を一人前のご寮さんにしてほしいと啄子に頼み込んだのです。
そして、しずは女中部屋へ行き、あるものを渡しました。

ハツが縫った、白い喪服です。白い喪服は、一人の夫に尽くすと言う覚悟を表しています。
てんは、どんな困難にも耐えて藤吉と添い遂げると涙しました。

わろてんか23話感想

私は3児の母です。母親目線で見てしまいます。
親が子を思う気持ち、わかる…

こうあってほしいと願うようには、子どもはなかなか育ってくれないものです。
でも、子どもの決めた道は尊重したい。
サポートは最大限してあげたい。

それは、祖母も同じ気持ちなのかもしれません。

ハツの気持ち、てんはしっかり受け取ったようです。

わろてんか鈴木対決

わろてんかのW鈴木、鈴木保奈美さんと鈴木京香さんが対峙するシーン。
フレッシュな顔ぶれとは違い、ドラマが締まった雰囲気がありました。
鈴木保奈美さん、月9に出ているときと変わっていないですが、風格があり素敵でした。

鈴木京香さんも。

緊張感あるシーン。
鈴木保奈美さんも鈴木京香さんも美しい。
着物も対照的な美しさ。

所作も美しい。

ただひたすら、素敵なシーンでした…

しずが語った言葉
貞女は二夫に見えず

おしとやかな女性というのは、夫と死別しても別の夫と結婚することはない。
一生添い遂げる、という言葉。

まだ結婚できるかどうかわからない相手と暮らしている娘。
しかも女中として…
私ならあんな対応できないかも。

しずの芯の強さが見えた今日のわろてんかでした。

鈴木対決の関西弁

新潟育ちの私にはまったくわからなかったです。
関西弁、難しいものなのですね。

わろてんか23話キャスト

葵わかな,松坂桃李,徳永えり,岡本玲,鈴木保奈美,鈴木京香

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか22話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

コメント

  1. […] 10月24日 10月25日 10月26日 10月27日 […]