わろてんか30話ネタバレ・あらすじ。北村屋売却

わろてんかネタバレあらすじ第5週
「笑いを商売に」
30話11月4日の感想。

夫の女遊びなどありながら、啄子が切り盛りしてきた北村屋。
明け渡す日が来ました。
しかし、新しいスタートラインに立ったということです。

わろてんかネタバレあらすじ30話

今の自分では結婚できないと、藤吉はてんに京都に帰るように言いました。
しかし、おだやかなてんが怒りをあらわにし、何があっても藤吉についていくと宣言。
てんは今だからこそ寄席を経営してみようと提案します。

啄子は店と土地を売り、すべての借金を返済しました。残ったお金は引っ越し代と当面の生活費です。

引っ越しの日の朝、啄子は店の中を丁寧に雑巾で磨きました。
高利貸しが来た際にしがみついた柱には、藤吉と頼子が成長した記録が残されていました。

てんの決意が固く、寄席の経営に反対だった啄子も受け入れました。
啄子北村屋のごりょんさん修業は厳しいものになると念を押します。

トキは藤岡屋へ帰り、藤吉と啄子とてんの、三人の暮らしが始まります。

わろてんか30話感想

家の柱に、身長を記録する。
昔やっていました。

小さなころ住んでいた家からは引っ越してしまったので、記録は残っていませんが、柱に傷をつけたり、ペンで記録したりしていました。

思い出の柱にしがみついていた啄子…

どうでもいいことなのだけど、雑巾がけをするなら、隅のほうから順番にふいていくんじゃないかなぁと思ってしまいました。
あれじゃ、ちゃんとふけない、なんて。
ストーリーとは関係ないですけど。

引っ越し当日のお話は、なんだかさびしかったです。
のれんをさげるごりょんさん。
さびしい雰囲気でした。

北村屋の後継者として仕事をしていくはずだった藤吉。
後継者どころか、北村屋をつぶしてしまいました。

勤めていた人たちも早々に去っていったし…

父の血を受け継ぐボンクラ、なのかも。
てんがいないと、何もできないように見えてしまうんですよね。

あんなにしっかり者なてんが、どうして藤吉のことを好きなのだろう、という疑問はまだ消えていません…

藤井隆さん、長屋へ案内する姿がかわいらしかったのは私だけでしょうか。
振り返りながら、こっちこっち、みたいな。
万丈目さんいいな~

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか29話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

→ わろてんか第5週ネタバレあらすじ

コメント

  1. […] 10月30日 10月31日 11月1日 11月2日 11月3日 11月4日 […]