わろてんか34話ネタバレ・あらすじ鶴亀亭とつる子

わろてんかネタバレあらすじ第6週
「ふたりの夢の寄席」
34話11月9日の感想。

鶴亀亭への思いは亀井の心の中にありました。
てんと藤吉の思いは、亀井に伝わるでしょうか。

わろてんかネタバレあらすじ34話

突然風太が京都から現れたが、いつもと違うその様子にてんと藤吉はあやしむ。

藤吉が亀井を訪ねると、寄席を売って取り壊すことに決めたと言われてしまう。
次にてんが亀井に会いに行ったときには、鶴亀亭と書かれた看板を眺めていました。
忙しく働いた亀井の妻が先だって以来、閑古鳥が鳴く状態だったという。

亀井の本意は寄席をこのまま残すことだと信じるてんは、もう一度藤吉と一緒に亀井の元を訪ねました。
亀井の妻の思いを受け継ぎたいという意思を伝えました。
そして寄席を自分たち夫婦に任せてもらえれば、また昔のように笑いで一杯にしてみせると夢を語りました。

わろてんか34話感想

北村屋を何とかしようと行動する藤吉ですが、どこかずれてしまっていました。
古米を法外な値段で買わされたり、欠陥品のパーマ機、電髪を大量に買って借金を増やしたり。
芸人のほうがよかったのでは、とさえ、思ってしまいます。
てんがかわいそうで…

藤吉には、てんを幸せにするような行動をとってもらいたいです。

わろてんか34話キャスト

葵わかな,松坂桃李,濱田岳,大野拓朗,前野朋哉,枝元萌,内場勝則,鈴木京香

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか33話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

→ わろてんか第5週ネタバレあらすじ