わろてんか36話ネタバレ・あらすじ

わろてんかネタバレあらすじ第6週
「ふたりの夢の寄席」
36話11月11日の感想。

てん、勘当された京都の実家へ。
儀兵衛もしずも、ハツもうれしいだろうけど、勘当したという事実…
しかし、家族ってやっぱり、いいですね。

わろてんかネタバレあらすじ36話

てんと藤吉が買うはずだった寄席を、興行師の寺ギンが即金で買うと割り込んできた。金を用意できない藤吉はあきらめようとするが、てんは意を決して京都の実家へ向かう。

母のしずは帰るよう諭すが、てんは

「今日は娘ではなく、商人として来た」

と言い放つ。
そして、父の儀兵衛に借金を申し込み断られてしまうが、そこへ祖母のハツが助け舟を出す。

わろてんか36話感想

てんを突き動かすものは何なのだろうと最近考えます。
笑い上戸だった幼少期のてん。

そこから、笑いは人を救うのだということを感じながら成長していく。
寄席で風太とドタバタ劇を繰り広げたときに、みんな笑っていた。
あの体験が原動力なのかな。

儀兵衛さん、わろてんか初登場のときは、鬼の儀兵衛って感じで怖かったですが、雰囲気が変わりました。
穏やかになったというか。

病を隠しているという設定になっているからかもしれません。
ネタバレ的に先を見ますと…

新一との別れは、知らない間にあっという間、だったのですが、
儀兵衛さんとの別れは、しっかり描いてほしいです。

わろてんか36話キャスト

葵わかな,松坂桃李,濱田岳,広瀬アリス,徳永えり,大野拓朗,前野朋哉,堀田真由,内場勝則,鈴木保奈美,鈴木京香,竹下景子,遠藤憲一

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか35話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

→ わろてんか第6週ネタバレあらすじ