わろてんか第3週。ネタバレ、あらすじ

このページは、わろてんか第3週
「一生笑わせたる」
のネタバレ、あらすじについて書かれています。

わろてんか第2週のネタバレ、あらすじでは、てんの兄である新一がこの世を去りました。てんが送っていた論文によって、伊能栞が新一の研究と事業に投資したいと申し出てくれました。

薬祭りで北村藤吉とてんが偶然にも再会を果たします。

わろてんか第3週のネタバレ、あらすじはここからです。

わろてんか第3週ネタバレ、あらすじ閲覧注意

わろてんか第3週全体のネタバレ・あらすじです。ネタバレをみたくない人は、この先へ進まないようお願いいたします。

わろてんか3週ネタバレをまとめました。
タイトルは「一生笑わせたる」になります。
では、わろてんかの3週のネタバレをお楽しみください。

わろてんか3週 ネタバレ、あらすじ

藤吉とてんは再会でお互いの気持ちが高鳴っていました。
緊張しながら話す二人のもとへ風太が迎えに来て、家に帰りました。

伊能から出資を受けた藤岡屋は、洋薬専門店として再出発。儀兵衛はてんを後継ぎにしようと縁談に積極的。

婿候補から選べと言われたてんは困りました。
りんとトキと八卦小屋へ行き、釣書で占ってもらいましたが、相性がよい人がいないという占いでした。

八卦
易(えき)の算木(さんぎ)にあらわれる八種の基本的な形。転じて、易。占い。

釣書
縁談(お見合い)の時にお互いで取り交わす自己紹介(プロフィール)を載せた書面

天一堂 釣書 B5 釣書用箋 身上書 書き方見本付 / 10セット

他に好きな人がいて、その人が運命の相手だと見抜かれてしまいます。

帰り道、人力舎に乗ったリリコと再会しました。
藤吉の初舞台のあと、リリコと会って以来でした。てんへの手紙は嘘ばかりと話すリリコ。
藤吉は芸人をやめてリリコと再会したときに運命だと言ってついてきたのだと言いました。

帰宅したてんは、儀兵衛から婿選びをするよう命じられますが、藤吉のもとへ行って直接話そうと会いに行きました。
本名は北村藤吉郎である、芸人を諦め米屋の実家に帰っていたことを知り、嘘をついていたことに傷ついたてんは楽屋を出ました。

次の日、てんは藤吉と偶然会ってしまいます。追われていたキースにてんも巻き込まれます。
てんを守ろうとした藤吉はけがをしてしまいました。キースと一緒に蔵へ藤吉を運び隠れます。藤吉は気を失ってしまいました。

藤吉を連れてきたことに気が付いた風太、トキ、りんが手伝ってくれたおかげで、藤吉も回復。

藤岡屋に藤吉がいることに気が付いたリリコが屋てきました。藤吉を守るためにリリコと藤吉を合わせないてん。
リリコが店に押しかけ騒ぎ立てたことで、儀兵衛が知ることになってしまいます。

藤吉は米屋の長男、てんは薬屋の長女、長男長女が結ばれてはいけないと儀兵衛。

てんは蔵に閉じ込められました。
しずが食事を運んでも食べようとしません。

蔵の高窓に小石が投げ込まれました。藤吉です。
てんは、手紙の内容が嘘でも楽しかったと伝えました。

藤吉はやり残したことがあると言ったところで、風太の気配に気が付き立ち去ります。

翌日、儀兵衛が食事を食べようとしないてんを家族は心配しました。
その夜も藤吉がやってきました。

てんに柿を投げ込むと、おいしいとかじりました。

様子を見ていた風太が藤吉に詰め寄ります。
芸もできない芸人がてんを守れるのか?
風太が殴りかかろうとしたところで、リリコが止めました。

満月の夜、藤吉がチョコレートを持ってやってきました。
持ってきたチョコレートを口の周りに塗り、
「天下の大泥棒、石川チョコ衛門たぁ、お、れ、の、こ、と、だぁ」
てんは大笑い。

やり残したこととは、てんに笑ってもらうこと、でした。
「これからもずっと…」
と言いかけたところで登っていたはしごから落ちた藤吉。藤吉を抱えあげた人物が。
儀兵衛でした。

儀兵衛に座敷で非礼をお詫びした藤吉は、畳に額をつけて言いました。

「お嬢さんをください!」

芸の道は捨て、米問屋を継ぐと宣言。最後の芸だと傘と一升ますで芸を披露。
てんは感動したが、儀兵衛は激怒。

必死に思いを伝えたものの、てんと藤吉が一緒になるなら勘当すると言われてしまいました。

てんの思いは変わらず、藤吉と大阪へ行く決意をしました。
夜中、障子越しに父と母にお別れをしました。

藤吉と合流したてん。
藤吉の母が倒れたと知ります。

藤吉「一生、一緒に、わろてんか?」
てん「はい、よろしゅうお願いいたします」

二人は大阪船場へ向かいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする