わろてんか40話ネタバレ・あらすじ。文鳥、なすとかぼちゃが地主に謝った

わろてんかネタバレあらすじ第7週
「風鳥亭、羽ばたく」
40話11月16日の感想。

先行き不安になれば、安定している場所を探すのは仕方のないことです。
アサリが他にうつってしまって、藤吉はどうするでしょうか。
てんは頑張っている、藤吉もがんばってボンクラ卒業してほしい!

わろてんかネタバレあらすじ40話

てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は伊能(高橋一生)から大阪落語の重鎮・文鳥(笹野高史)を紹介してもらった。喜び勇んで憧れの文鳥に会った藤吉は、安易にツテを頼って出演交渉に来た姿勢をたしなめられてしまう。

風鳥亭の客入りは相変わらず悪いままで、先行きに不安を感じたアサリ(前野朋哉)は別の寄席に出演すると姿を消した。

てんは家計を支えようとまた内職を始めるが、それを見た啄子(鈴木京香)がある決心をする。

わろてんか40話感想

伊能の人脈のおかげで、文鳥との縁が生まれました。
藤吉、芸人でつまづき、米商人としてつまづき、パーマ機で失敗。
寄席の経営も苦しいです。

でも、てんが救ったり、伊能が救ったり。
人との縁に恵まれていると思います。

文鳥に寄席の色は、と尋ねられても答えられない藤吉。

てんを一生笑わしたる、という、チョコ衛門の覚悟、もう一度見せて!

文鳥よりも、印象に残ったのが万丈目のものすごい表情でのネタ披露。
客入りも悪い、うけない、という状況のもと、新ネタ披露。

「前面」

後ろ面だったから芸だったのに、もはや普通…
藤井隆さんの鬼気迫る表情がすごかったです。
で、印象に残ったのはそこではなく、

「なすとかぼちゃが地主に謝った」

というセリフ。

前面を披露したあとで、なすとかぼちゃが地主に謝ったと何度も繰り返す万丈目。
わろてんかをリアルタイムで見ていた時は、わけがわかりませんでしたが、全国には知識が深いかたがたくさんいます。
端唄「茄子とかぼちゃ」だなんて、解説がないと、わからない…

わろてんか終了後、アサリがあさイチに登場。
そこへ逃げていたのか!(笑)
隣にはキースも。

藤吉とてんが苦しいのは、キースのせいだと責められ(笑)

わろてんかの中の二人よりもおもしろく見えました。
あの二人でスピンオフドラマやったらおもしろそう。

文末に、今週のわろてんか、ネタバレあらすじへのリンクを掲載していますので、興味があればぜひ。

わろてんか40話キャスト

葵わかな,松坂桃李,大野拓朗,前野朋哉,藤井隆,笹野高史,高橋一生,鈴木京香

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか39話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

→ わろてんか第7週ネタバレあらすじ