わろてんか56話あらすじ(ネタバレ)団吾専属契約に団体交渉の芸人たち

わろてんかあらすじ(ネタバレ)第10週
「笑いの神様」
56話12月5日の感想。

栞くん、時代の改革者になれと後押し。
藤吉と栞、仕事に進む男として意気投合するのかな。
改革には反対はつきもの。

でも、ずっと頑張っていた芸人たち、やっぱり金銭面で不憫です。

それでは、わろてんかのネタバレを含むあらすじをどうぞ。

わろてんかあらすじ(ネタバレ)56話

てん(葵わかな)は天才落語家・団吾(波岡一喜)に心酔する藤吉(松坂桃李)が、団吾を風鳥亭の専属にしようとしていることに反対する。

悩んだ藤吉は伊能(高橋一生)に相談するが、時代の改革者になれと背中を押され、再び団吾獲得に突き進む。
万丈目(藤井隆)ら古株の芸人たちが団吾に執心する藤吉を不満に思っていることを知り、てんは心配になるがその予感は的中し、万丈目たちが労働条件の団体交渉を申し込んでくる。

わろてんか56話感想

団吾の芸はすごかったと目をギラギラさせて語る藤吉。
今まで苦労を共にしてきた芸人やてんのことは、見えていないように感じました。
団体交渉されるのもしたかがないことです。

寄席を増やすときにも、お給金を待ってと言われました。
団吾には一万円払ってでも契約したいと言うのに、きっとキースたちのお給金はあがっていないのでしょう。

わろてんか56話で初登場のキャストは中村ゆりさんです。

わろてんか56話キャスト

葵わかな,松坂桃李,濱田岳,
徳永えり,大野拓朗,前野朋哉,
兵動大樹,中村ゆり,波岡一喜,
藤井隆,内場勝則,高橋一生

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか57話あらすじ(ネタバレ)

→ わろてんかあらすじ(ネタバレ)一覧

→ わろてんか第10週ネタバレあらすじ

→ わろてんか動画見放題で見逃しても大丈夫!