わろてんか59話あらすじ(ネタバレ)おっぺけぺ

わろてんかあらすじ(ネタバレ)第10週
「笑いの神様」
59話12月8日の感想。

売れてはいなかったけど、藤吉も芸人でした。
だから、芸人を見る目はあるはず。
団吾が稽古をする姿に本物だという確信を持ったのでしょうか。

それでは、わろてんかのネタバレを含むあらすじをどうぞ。

わろてんかあらすじ(ネタバレ)59話

てん(葵わかな)はお夕(中村ゆり)から、夫(北村有起哉)は団真という名の落語家で、じつは団吾(波岡一喜)の兄弟子だということを聞かされる。さらにお夕が二人の師匠・先代団吾の娘で、団真と十年前に駆け落ちをしたということを知って驚く。毎晩団吾の接待で料亭を駆けずり回る藤吉(松坂桃李)は、真夜中に団吾がただ一人、一心不乱に落語の稽古をする姿を目撃して、ますます風鳥亭に必要な人だと確信する。

→ わろてんかあらすじ(ネタバレ)一覧

→ わろてんか第10週ネタバレあらすじ

わろてんか59話感想

団吾が踊りながら歌っていた歌。

おっぺけぺ
おっぺけぺ

ふざけた暮らしをしているようで、夜中に稽古をしていた団吾。
あれは、団真の落語を見たときに、負けた、と感じてあせっているのだとばかり思っていました。
藤吉のセリフを聞いて、あ、単純に稽古してただけか…と。

違ったようです。

→ おっぺけぺって何?

団吾が稽古していたのは、団真のことを認めているから。

視聴者のもやもやを代弁

藤吉の才覚が全く見えてこないのですよね。
演出上の問題なのか、実際に才覚がないのか…
啄子さんの血を受けついだ藤吉、どこで発揮するのか?

お金の不思議

藤吉は、団吾のために2万円用意すると言いました。
2万円。芸人たちのストライキも同情してしまいます。

古米を大量に買ってしまったり、欠陥パーマ機を買い付けたり。
寄席の借金は藤岡屋に返したけれど、これだけの大量のお金、どうやって工面するのか。
てんが怒るのも仕方ないかも。

わろてんか59話キャスト

葵わかな,松坂桃李,徳永えり,大野拓朗,前野朋哉,中村ゆり,波岡一喜,北村有起哉,藤井隆,内場勝則

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか58話あらすじ(ネタバレ)

→ わろてんか動画見放題で見逃しても大丈夫!