わろてんか61話あらすじ(ネタバレ)藤吉が慣れない雑用で苦戦

わろてんかあらすじ(ネタバレ)第11週
「われても末に」
61話12月11日の感想。

通天閣と並ぶ大阪の名物と言われた団吾。
ニセ団吾と呼ばれた団真を高座にあげ、失敗に終わったことで夫婦仲は悪くなってしまいました。
二組の夫婦、どうなる?

それでは、わろてんかのネタバレを含むあらすじをどうぞ。

わろてんかあらすじ(ネタバレ)61話

てん(葵わかな)が勝手に団真(北村有起哉)を高座に上げたことで、てんと藤吉(松坂桃李)は口もきかない仲違いの状態になった。

藤吉は思いやりのつもりで仕事を休んで子育てに専念すればいいと、てんに告げる。
だが、てんはショックを受けさらに夫婦はすれ違ってしまう。

てんがいなくなった風鳥亭では藤吉が経理から雑用まで引き受けるが、慣れない仕事にてんてこ舞いになる。

そんな時リリコ(広瀬アリス)がてんを訪ねて来た。

わろてんか61話感想

堪忍袋の話のときがはじめての冷戦状態でした。
今回二度目の冷戦状態。

口をきかない状態というのは最悪。
話し合わないことには、思いは通じないし、平行線をたどっていても何も解決しません。
藤吉、もう少し思いやりがほしいです。

ストライキをしたてん。藤吉も、てんの気持ちに気が付いてほしいです。

いまだに、わろてんかの中での藤吉の才覚がわかりません。
私の理解力のなさかもしれないけれど…
芸を見る目があるという描写が少ないように思うのです。

米屋で失敗、芸人も失敗、という藤吉が、どうして先頭に立って寄席経営ができていて、好調なのか。

もう少し丁寧に説明してもらえたらうれしいのですが…

→ わろてんか62話あらすじ(ネタバレ)

わろてんか61話キャスト

葵わかな,松坂桃李,広瀬アリス,徳永えり,大野拓朗,前野朋哉,中村ゆり,北村有起哉,藤井隆,内場勝則

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんかあらすじ(ネタバレ)一覧

→ わろてんか第11週ネタバレあらすじ

→ わろてんか動画見放題で見逃しても大丈夫!