わろてんか73話あらすじ(ネタバレ)藤吉島根へ旅立つ

わろてんかあらすじ(ネタバレ)第13週
「エッサッサ乙女組」
73話12月25日の感想。

いよいよ年末の雰囲気となってきました。
わろてんかはエッサッサ乙女組。

乙女と聞くと、乙女寮を思い出してしまう私はまだひよっこから抜け切れていない…

それでは、わろてんかのネタバレを含むあらすじをどうぞ。

わろてんかあらすじ(ネタバレ)73話

北村笑店は傘下の寄席をどんどん増やし、所属芸人も200人を越える大所帯になっていた。藤吉(松坂桃李)が社長、てん(葵わかな)は経理責任者、風太(濱田岳)は全ての寄席を束ねる総支配人として忙しい毎日を送っている。伊能(高橋一生)から寄席の興行形態が古くさいままだと指摘された風太は、当時流行し始めていた安来節を北村笑店でも取り入れたらどうかと藤吉に進言する。興味を持った藤吉は、すぐに島根へ旅立った。

わろてんか73話感想

わろてんか73話キャスト

葵わかな,松坂桃李,濱田岳,徳永えり,枝元萌,藤井隆,高橋一生

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか72話あらすじ(ネタバレ)

→ わろてんかあらすじ(ネタバレ)一覧

→ わろてんか第13週ネタバレあらすじ

→ わろてんか動画見放題で見逃しても大丈夫!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする