わろてんか74話あらすじ(ネタバレ)安来節選抜試験

わろてんかあらすじ(ネタバレ)第13週
「エッサッサ乙女組」
74話12月26日の感想。

大後寿々花さんが初登場です。
ツイッターで告知されていましたが、いよいよ74話で登場です。

赤ひげなどに出演していた女優さんです。

それでは、わろてんかのネタバレを含むあらすじをどうぞ。

わろてんかあらすじ(ネタバレ)74話

安来節の踊り手を探すため島根の安来に来た藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は、近郷の村娘たちを集めて選抜試験を行うことにした。四人の若い娘たちを採用することになったが、その中で一番踊りのうまい都(大後寿々花)の父親が娘の大阪行きに猛反対する。演芸界では有名になった北村笑店でも普通の人々には信用がないことを痛感したてんは、自らが大阪のお母ちゃんとなって四人娘を芸人として真剣に育てていく覚悟を決める。

わろてんか74話感想

わろてんか74話キャスト

葵わかな,松坂桃李,大後寿々花

大後寿々花(おおごすずか)さん初登場です!

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか73話あらすじ(ネタバレ)

→ わろてんかあらすじ(ネタバレ)一覧

→ わろてんか第13週ネタバレあらすじ

→ わろてんか動画見放題で見逃しても大丈夫!