わろてんか76話あらすじ(ネタバレ)ケンカばかりの乙女組

わろてんかあらすじ(ネタバレ)第13週
「エッサッサ乙女組」
76話12月28日の感想。

ふらふらしていたのを拾ってくれた寺ギンについていた風太。
でも、藤吉とてんのところへやってきた。
そして今は安来節乙女組の総監督。

きっと、寺ギンのもとでの暮らしも無駄じゃない。

それでは、わろてんかのネタバレを含むあらすじをどうぞ。

わろてんかあらすじ(ネタバレ)76話

安来節乙女組の総監督となった風太(濱田岳)は、娘たちの踊りがバラバラなのは互いに信頼していないからだと考え、彼女たちの生活態度の改善から始める。風太が乙女組に熱心に入れ込んでさみしいトキ(徳永えり)は、突然キース(大野拓朗)から大事な話があると打ち明けられる。てん(葵わかな)は故郷を思い出してもらおうと、娘たちにどじょう鍋を振舞うが、その席からとわ(辻凪子)とてんの息子・隼也が姿を消してしまう。

→ わろてんかあらすじ(ネタバレ)一覧

わろてんか76話感想

わろてんか76話キャスト

→ わろてんかキャスト一覧

→ わろてんか75話あらすじ(ネタバレ)

→ わろてんか第13週ネタバレあらすじ

→ わろてんか動画見放題で見逃しても大丈夫!