わろてんか9話ネタバレあらすじ伊能栞がてんを救う

わろてんかネタバレあらすじ第2週
「父の笑い」
9話10月11日の感想。

タイトルが父の笑いということで、いつ笑うのかは気になりますが、9話では藤岡屋がピンチ。
笑う場面ではありません。

儀兵衛が縁談を早急に進めようとする理由は?

わろてんかネタバレあらすじ9話

倉庫の火事で外国から仕入れた薬が焼失ました。和漢薬をすべて売って仕入れた洋薬。
大事な薬がすべて灰となり、藤岡屋は経営の危機に陥ります。

儀兵衛(遠藤憲一)は、てん(葵わかな)と伊能製薬の次男である伊能栞(高橋一生)との縁談を一気に進めようとしました。
会ってもいない二人の結納を進めるようしずに命じたりと、不自然に急いでいたのは、藤岡屋を守ろうとしているためでした。

てんは藤吉(松坂桃李)に会って自分の気持ちに整理をつけようします。友達の誕生会へ行くと嘘をついて大阪へ向かうが、藤吉を見つけられず。寄席をしらみつぶしにあたっていると日が暮れてしまいました。
そんなてんを怪しい男たちが路地に誘い込み、荷物を奪います。取り返そうとしたてんが殴られかけ大ピンチ!
そこへ洋装の男性があらわれて、あっという間に男たちをたたきのめしました。

わろてんか9話感想

2週目では、高橋一生さんが登場です。
御曹司である伊能栞。でも、こびることもなく、自然体。
てんの危機にすっとやってきてピンチを救う。

かっこよすぎます。
高橋一生さんの人気がますますアップしそう。

クールな大人、伊能栞
明るい男、藤吉
いつでもそばにいてくれる男、風太

三者三様の男たち。

本当は新一の縁談を組もうとしたけど、療養もあり、先方の提案もあり、てんの縁談となります。
先方へ失礼のないようにと、自分の心を確かめるために大阪へ向かうてんの誠実さ。
子ども時代から素直でまっすぐなてんらしい行動です。

わろてんか9話キャスト

葵わかな,遠藤憲一,濱田岳,千葉雄大,徳永えり,堀田真由,高橋一生,鈴木保奈美,竹下景子

→ わろてんか8話ネタバレあらすじ

→ わろてんかネタバレあらすじ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする